スポ安ねっとご利用の方

会員登録がお済でない方

ご利用いただける日時

7時00分~23時45分
(日曜日、年末年始を除く。)

上記時間帯以外、日曜日および年末年始(12月31日~1月3日)は、全ての機能がご利用いただけません。(掛金の支払いは可能です。)

年間運用スケジュール»

スポーツ安全保険について

スポーツ安全保険の内容はこちらをご覧ください。

翌月一括手続方式について

ご利用の条件

以下の条件を満たす団体が、「スポ安ねっと」での累積加入者が200名以上となっている年度において、当該年度内に新たに団体へ入会された方の追加加入手続きを行う際にご利用いただけます。

利用条件

  1. 団体内で会員名簿が常設され、入会者の増員の都度メンテナンスがされていること
  2. 団体員の入会日を確認できる会員証、入会届けなどが存在すること

会員証

翌月一括手続方式のご利用には、事前に利用申込みが必要です。
「通常加入手続方式」と「翌月一括手続方式」の併用はできません。

翌月一括手続方式の概要

翌月一括手続方式による追加加入手続きでは、1か月分の貴団体への入会者の団体員名簿を翌月の通知期間内に「スポ安ねっと」にてご通知をいただき掛金を支払うことで、各加入者の団体への入会日の翌日より補償が開始されます。

7月の貴団体入会者を加入させる例

事例

団体員名簿の通知期間と通知対象者

各月の1日から末日の貴団体への入会者の団体員名簿の通知期間は、その翌月の1日から10日までとなります。なお、通知期間の1日または10日が「スポ安ねっと」運用休止日にあたる場合は、翌運用日をあてます。

それぞれの通知期間に通知していただく対象者は、その通知期間の前月に貴団体に入会した方のみです。通知対象となる期間外の入会者の加入は、翌月一括手続方式では行えません。

年度最終月にあたる3月の貴団体への入会者を対象とした通知期間のみ、3月26日から4月10日までとなります。
翌月一括手続きの利用申込日よりも前の団体への入会者の加入は、翌月一括手続方式では行えません。

掛金の支払期間

団体員名簿の通知を行った場合、掛金の支払期間は通知を行った日を含めて7日間となります。

期間内にお支払いがない場合、通知をいただいた団体員名簿の追加申込は取消し扱いとなりますので、必ず期間内に掛金をお支払いください。

補償期間(平成29年度保険)

通知期間内に通知を行い、かつ支払期間内に掛金を支払った場合に限り、補償期間の開始は次の通りです。

補償の開始

各加入者の貴団体への
入会日の翌日午前0時

補償の終了

平成29年3月31日
午後12時

翌月一括手続方式の利用申込み

翌月一括手続方式のご利用には、年度ごとに「スポ安ねっと」内での利用申込みが必要です。(既に翌月一括手続方式を選択されている場合でも、次年度についても再度申込みが必要)

毎年度4月1日以降、「スポ安ねっと」での同一会員ID における当該年度の累積加入者が200名以上となった時点で、翌月一括手続方式のご利用案内メールをお送りいたします。メールを受取られた団体で、当該年度の追加加入手続きを翌月一括手続方式に変更する場合は、ログイン後、「各種変更」内の「翌月一括手続方式選択」よりお手続きください。

翌一選択

「翌月一括手続方式選択」を行った場合、その日以降の貴団体への入会者が翌月一括手続方式の対象となります。利用申込みを行う日より前の入会者は、当利用申込みの前に通常加入手続方式にてお手続きをお済ませください。(利用申込後は、当該年度内の加入手続きにおいて通常加入手続方式はご利用いただけません。)
平成28年度に翌月一括手続方式をご利用であった場合でも、平成29年度の「翌月一括手続方式選択」をされる前の加入手続き(年度の新規加入など)では翌月一括手続方式はご利用いただけません。

翌月一括手続方式での加入手続方法

翌月一括手続方式の利用申込みがお済みの団体は、団体員名簿の通知期間になりましたら、次のとおり前月入会者の団体員名簿の通知と掛金の支払いを行ってください。

通知期間になると、スポーツ安全協会よりお知らせのメールが届きます。
  1. メインメニューより「加入手続(新規・追加)」をクリックします。
    翌月一括手続1
  2. 次の画面が表示されます。団体員名簿を作成する入会月の「作成」ボタンを押してください。
    翌月一括手続2
    上記画面は現在が8月1日~8月10日の間の例です。7月中の入会者の団体員名簿の作成と通知が行えます。8月の入会者の団体員名簿の作成も行えますが、通知期間内ではないため、通知は行えません。
  3. 加入区分ごとに名簿の入力を行いますので、入力する加入区分の「名簿作成」を押し、入力画面を表示させてください。
    翌月一括手続3
  4. 上記画面で団体員の姓、名、性別、年齢の他、団体への入会日を入力してください。
  5. 入力を行うと入力確認画面が表示されますので、下図のとおり進んでください。
    翌月一括手続4
  6. 団体員名簿の通知を行う場合は、「通知」を押し、支払方法の選択後、支払い合計額をご確認の上、名簿通知手続きを完了してください。
  7. 名簿通知手続きが完了すると、画面上およびメールで「支払いに必要な番号」をお知らせいたします。
  8. 通知を行った日を含め7日間が支払期限となります。手続画面上でご案内する期限内に掛金をお支払いください。

事故のときは

事故が発生した場合のお手続は通常加入手続きの団体と同様ですので、こちらをご覧ください。

ただし、翌月一括手続方式により加入された方のうち、掛金の支払完了日以前に発生した事故の場合は、保険金請求の際に入会日を確認できる書類(入会証、入会届けなど)のコピーのご提出が必要となります。

注意事項

  • 追加加入者の団体員名簿は、通知期間中に一括して通知をいただきます。複数回に分割しての通知は行えません。
  • 翌月一括手続方式を選択されている場合は、通常加入手続きでの追加加入は行えません。
  • 入会された方の加入手続きを通知対象期間内に完了されなかった場合には、入会日の翌日に遡っての補償はできません。当該通知期間に通知をいただくべき団体員の一部または全員の加入手続きを失念してしまった場合は、スポーツ安全協会本部までご照会ください。
  • 年度途中で通常加入手続方式に変更することはできません。
  • 当制度利用に際して規定に反する行為があった場合には、その時点で翌月一括手続方式での加入手続きをお断りさせていただきます。
    なお、この場合、加入手続きを完了されていない方および以後の入会者の追加加入手続きは、加入手続きの翌日より補償が開始される通常加入手続方式でのご加入となります。
  • 翌月一括手続方式の適用は当該年度内の追加加入のみです。翌年度の新規加入手続きは通常加入手続方式となります。
  • 複数の事務担当者が加入手続きを行うための会員内ID 機能との併用はできません。会員内ID をご利用の団体が翌月一括手続方式の利用申込みを行った場合は、会員内ID での当該年度の追加加入手続きが行えなくなり、代表者様に発行している会員ID での追加加入手続きとなります。